ヒーローズスキルrunスタジオ

ヒーローズスキルrunスタジオ

Will open at sunday at 09:00
Address
Working hours
Sun
09:00—21:00
Mon
15:00—21:00
Tue
15:00—21:00
Wed
15:00—21:00
Thu
15:00—21:00
Fri
Closed
Sat
Closed
Official website
Are you the owner?
  • Get access
  • Get a widget
  • Report an error

Reviews about ヒーローズスキルrunスタジオ

5.0
  /  45 ratings
Write a review Edit your review
All reviews 98
Sort:
  • 2022, may 4, 2:38 pm
    中2の娘がパーソナルレッスンに初めて伺いました。小5から陸上クラブに通い練習を重ねています。ここにきて100mのタイムがある一定のところから

    指導内容は大変論理的で、なぜ足が痛くなるのか、体の使い方の癖、娘の走り方の問題点、また下半身ばかりに筋力がつき、上半身とのバランスが悪い事、  やみくもにただストレッチだトレーニングだといわれるよりも、なぜそれが必要なのか理論に説明いただいたので、娘自身が自らの問題として主体的に取り

    私は「娘の走り方の何かがおかしい。。。」とは気が付いていましたが解決方法がわかりませんでした。こちらに来て娘の体の使い方や姿勢の問題点が明ら
    • 2022, june 20, 5:10 am
      身体は、走りを表します。
      固まった身体を改善しなくては、理想的な動きを実現することは困難です。

      足が速いから、良い身体ではなく
      良い身体をもっているから、足が速いのです。

      小学生から陸上を始め、ある程度走り込んできたケースにとても多い症例てすので、今は練習をしながら身体のケアを習慣化する必要があります。
      一度強く固まったものは、練習しながらですとなかなかとれません。
      走る練習のやり過ぎには注意してください。

      自分の意思で動けるなら
      変われるはずです。

      やらない人は、いくら言ってもやりませんので。
      それだけ優秀ということです。

      応援しています。
  • 2022, march 27, 11:58 am
    小5陸上競技をしている息子です。
    初めての指導で、脚と上半身が強く、真ん中の腹が弱いことが明確になりました。
    そのおかげで今後の課題がはっきりとし、本人も日頃のトレーニングを意識するようになりました。
    教室のランニングマシーンやレッドコードを使っての練習は難しいですが、少しでも出来てくると嬉しいようです!
    大会も大事ですが、まだ小学生なので必要以上に成績を意識せず、これからのからだつくりを大切に、先生と一緒に歩んでいきたいです。
    どうぞよろしくお願いいたします。
    • 2022, june 20, 5:15 am
      上半身と下半身がとても強い、筋力的に恵まれた才能をもっています。

      あとは、どう繋ぐかというところですので
      胴体を鍛えて、連動させるための訓練をしていきましょう。

      オンライン指導の効果で
      進捗状況もよいので、少しずつ走る練習にシフトできそうです。
      今まで脚ばかり使ってきたので、胴体手動の動きは難しいですが
      今は、気づかないうちに、難しい動きができてきています。
      決して簡単なことではありませんので、自信をもって努力していきましょう。
  • 2022, march 18, 10:09 am
    先日、中学2年生陸上部の息子の個人指導をしていただきました。あと一歩、タイムを縮めたいが部活がない日にどのような自主トレをしていいかわからな
    頻回に通うのは難しいものの、またぜひご指導いただきたいと思っております。
    • 2022, june 20, 5:33 am
      飛び抜けて良いものと、圧倒的に苦手なものが混在しています。
      下半身と上半身は、優秀ですが
      使い方がわからないため、生かしきれていません。

      胴体の強化と使い方を学ぶことが、必要となります。
      育て方次第で、真逆にいってしまうタイプですので、走らせ過ぎにだけは要注意です。

      陸上の練習=走ること
      間違っていませんが、身体の整った人は、これだけでドンドン伸びます。
      ただ、どこかに問題のある人は、そうはいきません。

      なんでも出来る
      天才もいますが、一度崩れると脆いので
      最終的には、努力の天才が勝ち残ります。

      応援してます。
  • 2022, march 16, 2:03 pm
    あと数週間で中学生になる息子が初回パーソナル指導を受講しました。
    中学野球に進むにあたり、足の遅さを少しでも改善できればと思い、受講してみました。
    インターネットを使って家で取り組んでいても、目覚ましい成果が無かったのですが、動作をチェックして頂いただけで、改善項目が明確になりました。た
    走る前段階の身体の柔軟性という段階からですが、今から走る段階のトレーニングにたどりついた時が楽しみです。
    数年後にいい成果を追記出来たらと思います。
    • 2022, june 20, 5:24 am
      脚が強くなりすぎたタイプです。
      3ヶ月経ちましたが、持ち前の努力で、柔軟性、筋力の前後上下バランスなど、少しずつ整ってきました。

      3ヶ月で、全く出来なかったケンスイを2回できるようになることは
      並大抵の努力ではできません。

      走る練習にも本格的に着手できるようになってきますので
      脚だけが強くなりすぎる運動には気をつけて
      やらざるを得ない場合は
      身体のケア、バランスをとる運動を行いましょう。

      強さに関しての成長は著しいので
      柔軟性改善、さらに進めていきましょう。
  • 2022, march 6, 9:22 am
    4月より高校生に息子がお世話になりました。
    体の動きを順番に確認していく中で、
    それが何の為なのかを同時に説明してくださり、良い事や改善しなければならないこと、事細かくわかりやすく伝えてくださいました。
    練習するにあたり、素人の考えや思い込みでスタートせず、まずは自分の身体をプロの方に見ていただき、的確なアドバイスでトレーニングしなければいけ
    • 2022, june 20, 5:03 am
      物凄い身体能力をもつ反面、脚の前後バランスに大きな差があるタイプです。
      高校から陸上を始める場合、練習方法に注意しなくてはなりません。
      陸上の走り方を学ぶということは、特殊なものです。
      基礎のない動きで、走りすぎてしまうと、怪我を招きますので、1年間は準備期間ととらえるとちょうど良いです。

      長年積み重ねた身体を陸上仕様に変えていきましょう。
      今は大変だと思いますが、できるはずです。
  • 2022, february 11, 3:02 am
    「足が速くなりたい」という希望がきっかけでお世話になりましたが、身体の使い方ひとつひとつを見ていただき、素人にはまったくわからない本質的な課

    まだ身体が出来上がっていないタイミングで見ていただける機会があったことが非常に良かったなと感じています。ぜひ継続的に通いたいです。
    • 2022, may 2, 10:25 am
      足が速くなりたい
      子供の願いの中でもトップクラスです。

      世の中には、足が速くなる方法で溢れています。
      私は、様々な方法を伝えていますが、大切なことは本質であり、それは身体です。

      身体を無視して、走りを教えることはできないため、まず初めに与えた本質を磨く努力を続けていきましょう。

      本質は、地味なものです。
      そこに取り組める意思を持っていると思います。
      努力できる才能は、貴重です。
  • 2022, february 10, 9:22 am
    先日は大変お世話になりました。初めてパーソナルレッスンを受講し娘と共に身体の仕組み、適切な動かし方、またそのために必要な強化ポイントなどを中
    宜しくお願い致します。ありがとうございます。
    • 2022, may 2, 10:18 am
      陸上は、身体80%の競技です。
      技術だけでは、絶対に上にはいけません。
      基本的にどのスポーツもそうですが、特に陸上は理不尽なまでに、影響されます。
      より上にいくと、技術がものをいいますが、資本は身体です。

      現状の上半身レベルでは、勝てないので
      その脚の強さを活かすためにも、地道にコツコツトレーニングしましょう。
      下半身に関しても、柔軟性を上げつつ、技術力をつけ
      本格的な練習をスタートしたいですね。

      3回終了して
      ようやく一段落です。
      ここからが本番ですので、頑張りましょう。
  • 2022, february 3, 6:12 pm
    先日はありがとうございました。
    今まで知らなかった自分の走り方の癖や足の運び方の正しいやり方を聞き実践してみると少し速くなったかなと感じることがありました。とても勉強になり
    (息子が直接書いております。先日はお世話になりありがとうございました。引き続きお世話になりたいと思っておりますので宜しくお願い致します。)
    • 2022, may 2, 10:11 am
      動きを頭の中だけで変えることは大変です。
      正しいトレーニングと合わせて、理想を目指しましょう。

      2回目時の横の動きに関しては、良いものを持っています。
      ラグビーに野球を生かすことができるので、盗塁を方向転換やストップ動作に活用しましょう。

      身体もまだまだ改善できるので、胴体トレーニング強化してください。
  • 2022, january 28, 3:51 pm
    中2の息子がお世話になりました。
    背も低く、怪我も多く、足も遅く、それでもサッカー上手くなりたく、自分で考えた自主練をやっていたのですが、間違った練習メニューだったことを教え
    股関節の柔軟性、上半身のトレーニングをメインにやるようになりました。
    定期的に通いたいと思います。
    • 2022, may 2, 10:03 am
      4回目終了しました。
      固まっていた身体も、今は本人の意識も上がり、ゆるみ始めてきました。
      もう怪我をしたくない、こんな気持ちから人は変わるものです。
      この気持ち大切にしてください。

      身体が良くなってきたので、少しずつ走る指導に移行できそうです。
      昔のように、速くなりたいから沢山走るではなく、考えて練習していきましょい。

      また頑張りましょう!
  • 2022, january 26, 6:01 am
    中学2年の野球をしている息子の父です。
    自己流の走り方で速く走れるのですが、今後高校野球をやっていくうえで更に足の長所を活かすべくマンツーマンレッスンを受講しました。
    独自の走り方を見ていただいて、その走り方を活かした形での体の使い方の改善とフォーム改善を目指す事となっております。

    体の使い方の細かい見方や、ご指導などやはり専門家に見ていただいてよかったと息子共々感じております。

    即効性のある改善指導ではないところが、逆に信頼性が高いです。
    また、単なるなる走りのスピードを求めるだけではなくケガの予防につながるご指導をいただけたことも非常にありがたかったです。
    今後、定期的に通わせていただきます。

    現在の膝と足首で走る動きから、先生の言われる胴体腰運動に走りを買える為によりよい日々の練習方法はどのようなものになるでしょうか?

    また、目的としている野球のバッターで打ったあとに
    「転びそうになりながら走ってしまう事」

    「ランナーでの帰塁・進塁時のスタートの切り方」

    に関しての具体的な改善に向けたご指導は次回のご指導から可能でしょうか?

    次回でのご指導が難しい場合は、あと何回も
    – show
    • 2022, may 2, 9:59 am
      一月の努力で
      胴体のトレーニングが非常に良くなったので、初回時に確認した走りと、一月後の走りが変わっていました。

      おそらく突っ込み過ぎてしまう身体が少し重心が残るような身体に傾いてきたものと思われます。

      稀有な動きをもっていますが、そこに柔軟性がつけば、面白いですね。
      上半身も強いので、強さよりもしなやかさを目指して欲しいです。

      陰ながら応援しております。
  • 2022, january 20, 8:30 am
    分かりやすい説明、課題の指摘、改善の方法など、納得できることばかりでした。子供もわかりやすかった、と言って継続したいと言っています。
    • 2022, march 9, 6:05 am
      恵まれたスピードの才能をもっています。
      類稀な柔軟性、強靭な脚の強さはありますが、そこに頼りすぎると、身体の上下バランスに大きな差がついてきます。

      今はまさにそこの入り口に入ってしまっているため、胴体が下半身に引っ張られ、上半身も下半身に比べて圧倒的に弱いです。

      足が速い、方向転換が巧い、ストップ動作が強い、など、手に入れるためには、脚以外の身体を強くする必要があります。

      能力の上限値は、高いものがありますので、努力を重ねて、さらに上を目指してください。
  • 2022, january 9, 11:46 am
    野球をやっている中学1年の息子に先週体験させて頂きました。
    小さい頃から足が遅くて、素人の私から見ても走る姿勢が良くないと思ってました。
    1回目の参加では、ほぼ走る事なく体の硬さ、使い方を見てもらえ、それを直していくにはどうしたらよいか?
    教えてくれるだけではなく、考えさせながらの指導でした。
    息子は考えてみたこともないことを質問されて、あれこれ考えながら答えていて少し笑ってしまいましたが、、
    頭で理解しても、体をうまく使えるか?
    言われてすぐ動くのは難しいと思いますし、何度か通ってみたいと息子も言っているので、お願いしたいと思います。

    聞いている私にも、なるほど!と思えました。
    勉強になりました、ありがとうございました。
    • 2022, march 9, 5:57 am
      足を速くする上で、大切なことは出来るだけ具体的な道筋をたてることです。
      世間一般的には、走り方を意識的にどうにかすれば、改善できると思われがちですが、それは間違いです。

      現状の身体では、走りを意識的に動かそうとしても、まず身体の硬さが邪魔をして、うまく動かせない状態です。
      また2回目の指導で、さらに分かったことは、胴体、上半身も弱いことです。
      この身体では、どうしても脚を過度に使ってしまい、使い過ぎによる柔軟性低下を回避することができません。

      まずはこの負のスパイラルから抜け出すために
      自宅でできる地道な努力を続けましょう。
      現実点では、走る必要はありません。
      皆さん、一つ一つ課題をクリアすることで、走る練習をスタートした時に、急激に成長を遂げますので、そこを目指してください。
  • 2021, december 28, 11:48 am
    中1、サッカーをしている息子のスピード不足のため何年も色々な場所に通わせましたが思うような結果が出ず、体も大きくなり益々動きが遅くなったよう
    勘違いばかりだった事がわかり、本人が納得のいく説明をしてくださり、もっと早くにこちらにたどり着けていたらと思いました。
    ここ最近は、行き詰まってしまい諦めかけていましたが希望が持てるようになりました。
    ありがとうございました。
    • 2022, february 13, 4:59 pm
      残念ながら、走ることは、頑張ればどうにかなるものではありません。
      シュートの練習をすれば、トラップの練習をすれば、などとは全く種類が異なり、頑張って走っても【速くなれない人】がいます。
      今回のケースにまさに当てはまり、むしろ走らない方が速くなるでしょう。

      現状は
      走るという練習は、不要です。
      固まった身体を緩めること、胴体強化、上半身強化、脚を使う練習の代わりに、やりましょう。

      走らない方が速くなる、皮肉なことですが、明確な根拠があります。
      走れば速くなる身体を目指しましょう。
  • 2021, december 27, 4:23 am
    中学3年のサッカー少年の父親です。息子は、小さい時から、ほぼサッカーだけやってきました。レフティーのDFで、小、中学校とクラブチームに所属し
    高校でもサッカーを続けられることになりましたが、走力に伸び悩み、何か専門的な指導を探していた所、ここに行き着きました。
    今まで受けたことのない指導で、最初から最後まで戸惑っていた息子でしたが、手ごたえを感じたらしく、これからも定期的に通いたいと言い、帰宅してか
    付け焼き刃的な指導ではないので、時間はかかるかもしれませんが、じっくりと基礎から学んで、今後の活動に活かしてほしいと思います。
    • 2022, february 13, 4:49 pm
      4回の指導が終わりましたが、着実に身体が緩み、強くなってきました。
      まだまだ強いとは言えませんが、成長スピードは早いので、このまま努力してほしいです。
      身体の本質を向上させることは、確かに時間がかかりますので、的確な課題を見出すことができれば、必ずスピードを上げることが可能です。
      これは、ヒーローズスキルの専売特許ですので、是非コツコツ頑張ってください。

      技術的なことも学び始めていますので、付け焼き刃的な指導も入れていくことが可能です。
      付かなければ元も子もありませんので、付けるための準備が身体の本質を磨くことになるのです。
  • 2021, december 25, 3:39 am
    高校生の息子が先週お世話になりました。
    高校になって、上手く身体が使えてない事が気になっていました。
    今回の近藤さんに指導してもらい、今までとは、違う方向から身体の動きを見ていただき、息子の現在の状態が息子自身納得できたと思います。今まで言わ
    ありがとうございます。
    • 2022, february 13, 4:32 pm
      陸上100mとして、早すぎるくらいのピッチで走っています。
      長所を貫くことも大切ですが、新しいことに取り組むことも大切です。

      かといって、イメージを先行しても、悩むだけですので
      ドリルやトレーニングを駆使して、動きの中心となる骨格を長く扱えるようにしていきましょう。
      具体的には、胴体トレーニングをやりこみましょう。
      腕も脚もミゾオチにある、これを忘れなければ、高い実績を築けるはずです。

      遠くからですが
      応援しております。
  • 2021, december 20, 4:31 pm
    サッカーをしている小4息子を初めてパーソナルで見て頂きました。
    走り方がおかしく、シンスプリントと診断されたこともあり、根本的に何か変える必要が有るのではと考えてのレッスン受講でしたが、そもそも柔軟性に一
    思い返してみれば運動後はいつも脹脛がガチガチに固まっており、動き全体も硬かったので、『まずは柔軟性をつけてケガをしないようにするところから』
    しばらく家庭でストレッチを重点的に行い、次のステップに進める段階になったらまたご指導賜れればと思います。
    引き続き宜しくお願い致します。
    • 2021, december 27, 12:20 pm
      膝、足首を使いたい、典型的な脚人間です。
      ただ、この脚人間ですが、本来人間には存在しないはずです。

      根拠としては
      赤ちゃんは、上半身主導で動く、胴体腹人間だからです。
      しかし、立ち上がり歩き始めて、様々スポーツに取り組む中、色々な知識を学び、少しずつその天才的なスキルは、消えていってしまいます。

      そのため、脚を使うことに慣れてしまった身体を本来の動きに戻すためのトレーニングが必要となります。

      固まった脚を緩めながら、同時進行で胴体の強さや上半身の強さを身につけていきましょう。
      そうすれば、おおよその脚の怪我は発生しません。
  • 2021, december 17, 8:56 am
    高校1年生の娘が先日お世話になりました。頑張っているのにすぐに身体を痛めてしまう、身体の軸が上手く作れない、こんな悩みを抱えながら、まずは脚
    • 2021, december 27, 12:10 pm
      移動が伴うスポーツは、胴体ミゾオチ軸で身体を扱えるスキルが必要です。

      特に取り組まれているフィギュアスケートは、脚の力だけでジャンプするには、厳しい路面です。

      イメージとしては、下→上に押し上げるのではなく、上→下を引っ張る感覚です。

      身体の使い方が変われば、スケーティング(移動)も変わるはずです。
      多種多様のトレーニングや体操のやり方を更新していきましょう。
      今までの努力が無駄になる訳ではありません。
      使い方を覚えて、身体を繋ぎましょう。
  • 2021, november 12, 3:26 pm
    サッカーをやっている中学生の息子がお世話になりました。
    小学生の頃から、足首、膝など故障を多数してしまい、それに伴って走り方なども変わってきてしまっていました。
    これからもサッカーを続けていきたいということだったので、今からどうにか怪我のしにくい動きを出来ないものかと色々探していたところ、こちらに辿り
    実際トレーニングを受けさせてもらうと、体の使い方の悪いところなどをすぐに見抜いて、的確な動かし方や柔軟の仕方など、これからやっていく事、目指
    家でも教えていただいた事を忘れずに継続して、次回も引き続きトレーニングを受けさせて頂きたいと思いました。
    • 2021, december 27, 12:03 pm
      下半身も上半身も強さがあり、筋力レベルが高い印象です。
      この二つが強いことは、恵まれた才能ではありますが、もったいないことに、二つを結ぶ胴体の強さと胴体で身体を扱う技術が不足しています。

      現時点では、下半身の自由度が少ないため、うまく脚を扱うことができず、膝や足首に頼った動きとなっています。
      下半身の柔軟性強化+動き方トレーニングを交えて、一つで複数の効果の出る練習をやり込んでいきましょう。

      脚の強さをより活かすには、胴体スキルを学ぶことです。
      引き続き頑張っていきましょう。
  • 2021, october 18, 1:32 pm
    小4陸上長距離をやっている娘がパーソナルレッスンを受けました。
    陸上未経験の親が見ても、「もう少し身体をうまく使えたら、速く走れるようになるのでは。」という思いから、ヒーローズスキルのHPに辿り着きました
    初回ということもあり、問診、現状確認、指導、施術とあっという間に、時間が過ぎてしまいました。
    今まで縦方向の身体の使い方しかしていなかったことや、走る事以外のトレーニングの重要性を子供にもわかりやすく説明していただきました。
    遠方であることや、料金もそれなりにすることから、(料金に見合った技術指導です!)、頻繁とはいきませんが、次回もレッスンを受けたいと思っていま
    • 2021, december 27, 11:53 am
      意外なことですが
      走るということは、横の動きを組み合わせたものです。
      私の中では、まっすぐ走るということが存在しません。

      しかしながら、子供の場合、成長と共に、脚を中心に使うことに慣れていってしまい、膝や足首など、使いやすい小さな関節に頼りがちとなります。

      現時点では
      脚が固まりかけている状態ですので、脚を緩めつつ、胴体スキルを高めるためにトレーニングしましょう。
      走りすぎには、要注意です。
  • 2021, september 14, 3:12 pm
    先日、陸上部の中学3年生の娘がお世話になりました。中学最後の大会を前に、何か改善出来る事はないものかとの思いでレッスンを受けさせていただきま
    レッスンを受け、走る為の理論を知り、自分の体をきちんと知り、自分の体を最大限に上手く使っていくことの大切さを学ばさせていただきました。
    一年前に怪我をし、なかなか完治をしないまま今現在に至り、これから先の不安も抱え続けておりましたが、ここでのレッスンでならば、陸上を続け、上を
    これから先もずっとご指導いただきたいと思えるレッスン内容でした。
    • 2021, october 18, 5:04 am
      骨格に恵まれ、上限値の高いものを持っています。
      骨盤の横の動きに優れていますが、筋肉の柔軟性がかなり落ちている状態です。
      おそらく、足首や膝など、小さな関節で勝負してきたため、筋肉が硬くなり、怪我をしやすい身体になっています。

      身体の強さに関しては、まだ調べられていませんが、もし胴体での腕立て伏せやケンスイなど、上半身、胴体の強さが伴っていない場合は、使い方+バラン

      やるべきことは、走ることではなく、それ以外です。
      陸上=走る
      ではないことの意味を考えてみてください。
      それが通用するのは、中学生までです。
      頑張りましょう。
      応援してます。
Average rating - 5.0 based on 98 reviews and 45 ratings